治療の併用も可能

注射器

小顔治療について

小顔矯正治療には、いくつかの方法があります。ボトックス注入といったプチ整形からメスを使用する整形手術があります。予算や目的に応じて治療方法を選択することが出来る点は嬉しいものでしょう。しかし、プチ整形にもメスを使用した整形手術にも、メリットや気をつけたいことがあります。これらを把握してうえで、治療内容を比較してから治療に挑みましょう。また、美容クリニックでは、治療前にじっくりとカウンセリングをしてくれます。カウンセリングの際に、適した治療方法や治療の流れ、治療後の経過などについて話を聞く機会があるので、気になる点はまとめておいて、カウンセリングの際に聞いてみると良いでしょう。

骨切り手術

小顔矯正の手術の中で、もっとも効果があるので、骨切り手術です。顔の土台となる部分に直接アプローチしていくので、高い小顔効果を実感する事が出来るでしょう。しかし、骨格によって、アプローチ部分が異なります。出っ歯、受け口、エラ、オトガイ、頬骨、おでこなど、人によって顔が大きく見える原因となっている部位は様々です。また、頭蓋骨は沢山の骨で構成されています。なので、骨切り手術に定評があるクリニックを選択するようにしましょう。また、ホームぺージをチェックして、様々な実例写真を掲載しているクリニックを選ぶようにしましょう。なぜなら、実例写真を掲載していることで、医師の美的センスや技術力などを知ることが出来るからです。

アゴに悩む人におすすめ

自分の顔に自信が持てないという人の中には、自分の顎にコンプレックスを感じている人が多いです。アゴが長かったり、しゃくれていたり、極端に短い場合、顔のバランスが悪く見えてしまうからです。もし、自身の顎の形に悩んでいるのであれば、オトガイの骨切り手術に挑みましょう。オトガイの手術に挑むことで、フェイスラインをスッキリとさせることが出来ます。また、横顔も美しく整えることが可能です。専門知識やこれまでの実績が豊富な医師に治療を頼めば、骨の形状や位置、バランスなどを考慮して、調整してくれるので、理想のフェイスラインを手に入れることが出来るでしょう。しかし、骨切り手術に挑むまえに知っておきたいことがあります。それは、ダウンタイムが必要という点です。ボトックス注入やヒアルロン酸注入によるプチ整形はダウンタイムがほとんど必要ありませんが、骨切り手術はダウンタイムが2週間から1か月ほど必要になります。

他の治療と併用する

骨切り手術を行なう際に、他の治療と併用して治療に挑む人は少なくありません。特にフェイスラインを含む、顔の下部分が気になると言う場合、ガミースマイルや歯科矯正治療を併用すると美しい顔を手に入れることが出来ます。治療の組み合わせ方法は悩んでいる部位などにおうじて異なるので、医師に相談してみましょう。また、肌のたるみを改善することも小顔矯正には重要です。たるみが生じると全体的にフェイスラインが緩み顔が大きく見えてしまうからです。