一番簡単に小顔になる方法

注射を打つ人

今回は面倒なことは一切なしで、一番簡単に小顔になれる方法を紹介します。小顔になるためには、エラの張りを解消する必要があります。なぜなら、本当はあまり大きくないはずの顔が大きく見えてしまうのは、エラの筋肉である咬筋が大きくなる咬筋肥大になっているからです。咬筋肥大は、アジア人に多い状態で歯ぎしりや食いしばりをすることで、咬筋が筋トレされてしまい、小顔になることを阻害してしまう状態を言うのです。以前は、骨切りという整形手術で、メスも使い、手術やダウンタイムも長く、リスクも大きい小顔矯正が中心でした。しかし、顔を小さくするためには、骨を削るよリも遥かに咬筋を小さくした方が良いのではないかということが最近は主流になっています。そのために使うのがボトックスという施術です。ボトックスは、手術もなしで、必要な場所に注射するだけで施術ができます。また、ダウンタイムもなく、メスを入れないので、リスクもとても少ないのです。ボトックスはもともと食中毒の毒素から作られたものですが、毒素は無毒化されているので心配ありません。顔面麻痺などの治療に使われるほど、安全な薬なのです。このボトックスを咬筋に注射することにより、早ければ3日後くらいから小顔になり始めます。徐々に効果が現れ、2週間ほどでしっかり小顔に矯正することができるのです。小顔になるまでに少し時間はかかりますが、確実に小顔に近づけます。また、次の日元の顔に戻ってしまったということもなく、小顔は半年間ほど継続します。半年以上経つと効果が薄れてくるので、継続的に注射するとまた効果を感じられるようになります。継続的に注射していくと効果が長続きしやすくなるので、継続的に打つといいですよ。費用は自由診療のため、医院によって様々です。また、うつ部位や量によってことなりますが、基本的には5万~10万程度と考えておくと良いでしょう。また、ボトックスは色々な会社のものがあります。ボトックスという名前は一番有名なアメリカのアラガン社のものです。それ以外のメーカーの製剤は認可されていないこともあり、安全性が疑問視されるものがあります。もしボトックス以外の製剤を使うときは気を付けたほうが良さそうです。また、ボトックスは注射だけと思われがちですが、その注入部位や量にかなりの技術が必要であると言われています。安いからと言って、よくわからない美容整形外科を選んでしまうと後悔しそうです。よく調べてから美容整形外科を選びましょう。やはり一番手っ取り早く小顔になるには、医師の力を借りるしかなさそうです。ずぼらだけど、小顔になりたいという人はまずインターネット等でボトックスについて調べてみましょう。